2006年12月28日

横山智佐子LAISMP校長宅でのパーティー

心が通う家族的な雰囲気を大切に

Yokoyama 6.12.27A.JPG Yokoyama 6.12.27C.JPG
横山智佐子校長の自宅パーティーで生徒・スタッフと一緒に

本日は以前インタビューした「LAISMP」(Los Angeles International School of Motion Pictures:http://www.laismp.com/)の横山智佐子校長のお宅でのパーティーに招待され、ご家族に加えて学校のスタッフと生徒さんにも会っていろいろな話しをうかがうことができた。
横山校長のお話しでは、開校からまだ4ヶ月ほどで生徒数は少ないものの、生徒たちは映画制作全般というよりもそれぞれ専門的な(例えば、音声やプロデュースなどの)興味や能力を持っているので、それぞれのニーズやレベルに合わせて教えることが重要とのこと。それでも生徒たちは、例えばビジュアルなものの感性や扱い方の能力が想像した以上であり、生徒の作品でもSFものなどは卓越した出来だったとのことである。
「いろいろと大変ですが、これからも楽しんで教えていけそうです」と横山校長が力強い声で締めくくられていたのが印象的であった。これからもこのパーティーのような家族的雰囲気で生徒たちと心を通わせながら、本場ハリウッドで通用する映画制作専門家を育てるべく頑張ってほしいものである。
以前のインタビュー:
2006年06月21日
ハリウッド報告(その1):ハリウッドとは
http://glocom.seesaa.net/archives/20060621.html
2006年06月22日
ハリウッド報告(その2):映画学校の開設
http://glocom.seesaa.net/archives/20060622.html
posted by グローネコ at 12:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。